コピー機について

コピー機というのは複写機の別名であるそうです。

よくコンビニエンスストアの入り口近くに置いてあるのを見かけるあれのことかと思い出しました。

私の家にもパソコンから印刷できるものはあるのですが、あれはプリンターといって

印刷だけをするもので、コピー機というのは、スキャナーといわれる映像を読み取る光学部のついたもののことをいうのだそうです。

最初につくったのはジェームズ・ワットという人で1779年のことだそうです。

代表的なメーカーとしては、キヤノン、リコー、セイコーエプソン、富士ゼロックス

コニカミノルタ、京セラドキュメントソリューションズ、シャープ、沖データ、

ブラザー工業、東芝テック、ゼロックスなどがあるそうです。どれも確かに聞いたことのある名前です。

コピー機のしくみについて調べてみました。前にも記述したとおり、コピー機は大まかにいえば、映像を取り込む光学部というところと、紙に複写する映像部というところから成り立っているようです。

光学部では帯電させた感光体ドラムというローラー部にレーザー光を当てることにより、絵や文字の静電気像を描くと出ていますが、私にはあまり理解は出来ていません。が、色の濃さによって静電気の帯びる量が変化するらしいとの認識であります。そして映像部はその帯電したドラムに静電気を帯びたインクを吹き付けた後、熱で定着させるということらしいです。原理について理解はいまいちでありますが、コピー機というものは静電気と光を利用しているものらしいです。

今回、コピー機というものについて記事を書くために色々とネットで調べましたが、

その中に、「印刷の仕組みやコストの詳細大全集」というタイトルのサイトを

見つけました。ここは、コピー機が作り出す印刷物の業界にテーマをあてて、編集してあるサイトです。このサイトの中では、印刷業界の動向みたいなことが取り上げられていました。印刷業界は縮小、減少している業界であるとか、業界を代表する二大企業があるとか、需要予測して印刷は出来ないとかいろいろと勉強になりました。

先の展望では、書籍のデジタル化について取り上げられていました。「ペーパーレス化」という言葉をよく聞きます。こういうものは印刷業界には逆風になっているように思われます。かといって電子書籍で読みたいとは自分は思いませんし、巷には印刷物が山のように出回っています。町内会で使う資料であるとか、免許証のコピーなんかはちょくちょくコンビニでコピーしています。

今後、印刷業界がどのように進んでいくのか興味をもって見てゆきたいと思います。

V20|相互リンク|心の童話|全身脱毛どこがいい|ショッピングカート設置|ページランク別相互リンク集|PageRankExpolreオ|全身脱毛 どこがいい|相互リンク募集サイト|女性の人生|seoリンク|SEO|MY2-Link|全身脱毛どこがいい|童話集|